株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

  • 0000046693.jpg
  • イヤホンコラム

TOPページ ≫ GSのココ掘れコラム7:3

GSのココ掘れコラム7:3

枝野幸男氏にハマる中年オバサン

0000051931.jpg
「枝野幸男と語る夏の大演説会」なるイベントが中年のオバサンを中心に大人気だと言うので、週刊朝日連載のコラムを覗き見したら堪らずゲゲゲとなった。『立憲民主党が開いた枝野代表の演説会は、会場が200人近い人でぎっしりと埋まり、誰もが真剣に枝野さんの演説に耳を傾けていた。40代が中心だろうか、少し目立つ女性グループが最前列で一眼レフカメラを構え、枝野さんを激写しているのだ。聞けば枝野さんの追っかけ、枝野萌えする女性たちだという。』ゲーッ、恐ろしいがこれは本当の出来事である。立憲民主党の支持者が、枝野萌えする追っかけだなんて寒いものを感じずにはいられないが、実はこれと同じ構図を2016年から小池百合子東京都知事の「希望の塾」が始めていた。構図が似れば、考えていることも似るのだろうが、政治家の追っかけとは余程暇なオバサンたちなのか。小池氏の追っかけも彼女が登壇すると最前列の親衛隊が大合唱する「ユリコッ・ユリコッ・ユリコッ」に周辺は失笑したものである。まるでアイドルまがいの持ち上げを、連日連夜実行することで大衆の慣れを呼び込む煽動作戦は、翌年の都議選を大勝利に導いたのだが、肝心の政策が気の利かない受け売りであることを豊洲移転問題で暴露された。枝野代表も民主党政権の事業仕分けの実質的な失敗や、原発事故時の官房長官としての失言を多くの国民は忘れてはいない。冒頭のえだのん親衛隊は彼の一挙手一投足に「キャーッ」と黄色い声を上げて身悶えてるそうな・・・。気持ち悪すぎて吐きそうである。結局覗き見のつもりが最後まで読んでしまった週刊朝日のコラムだが、最後の締め言葉が笑える。『しかし改めてつくづく不思議なのは、女を全く熱狂させる力もない安倍さんが、なぜここまで続けていられるかだ。早く安倍さんから、もふもふの力でこの国を取り戻してほしい。』大仏のような顔に投票する有権者は、立憲民主党の政党支持率5.6%以上に低い(8月7日最新)はずだと思うがねぇ・・・。内閣支持率世論調査。https://youtu.be/VK-yq6ZpGIk
2018年08月10日 16:15 |コメント|

報ステ 不倫アナ再抜擢はナゼか

0000051911.jpg
10月からTV朝日「報道ステーション」のキャスターが代わるという。現在の小川彩佳アナ(33)から、元同局の徳永有美フリーアナウンサー(42)の再抜擢は、何かの間違いではないかと勘繰られても仕方ない。誰の仕業なのかは分からないが、不祥事を起こした元アナを再び起用するTV朝日の厚顔無恥ぶりに言葉もない。彼女はアナ時代の2005年にTV朝日を退社しているが、スポーツ関連を中心にしたアナウンサーとしての仕事ぶりは当時の関係者から高い評価を受けていた。しかしお笑い芸人との不倫が発覚した2003年に自身が務める全ての番組を降板させられ、その後は画面に登場することはなかった。彼女の能力が不倫と引き換えになった格好だが、その切れのいいMCが聞けるバーターディールの内容が何だったのか知りたい。以下当時のニュースを抜粋。『TV朝日の徳永有美アナ(28)は、同期入社のディレクターA氏(30)と2001年7月に結婚。だが、今年<2003年>4月にウッチャンナンチャンの内村光良(38)との不倫が一部で報じられ、担当していた「内村プロデュース」「スーパーモーニング」を降板。7月にキャスターを務めることになっていた「世界水泳」からも降ろされた(年齢は当時)。』ほぼ12年ぶりの地上波ニュース番組復帰は、至って評判の悪いメイン司会の富川悠太アナ(41)より年上であることと、MCの能力差によるギクシャク感は免れないだろう。それよりお昼の番組「ワイド!スクランブル」の新キャスターに抜擢される小松靖(43)アナウンサーに最大級の期待を寄せる。ぜひ視聴者に中庸の大切さを示してほしい。https://www.youtube.com/watch?v=9_J1ct1PD30
2018年08月09日 16:26 |コメント|

大塚家具 身売り失敗

0000051902.png
株主に経営の見通しなど分かりはしなかった結果に同じ経営者として複雑な思いを拭えない。3年前に親子の経営権争いで世間を騒がせた大塚家具は、今年までに3年連続の赤字決算を免れない経営状況に陥いっているのだという。メインバンクの金融機関も含めたテコ入れが講じられていたが、その事業計画も空振りに終わって四面楚歌の状態らしいが、大塚家具を買収する企業も見つからない現状では年内中にも民事再生法の手続きに入るのではないか。2015年に勃発した大塚家具の創業者である大塚勝久氏と娘の久美子氏による経営権争いは株主総会で決着を見たが、当時のニュースを検証すると40代の若い久美子氏の裏付けに乏しい大塚家具の将来像に望みを託した株主の下心と、経営の真贋を見抜けなかった金融機関のビジネスセンスの素人さに何かしらの制裁を課したい気持ちになるのは私だけではない。三流まがいの会社ごっこを3年間もプロデュースしていた大塚久美子社長は端から経営哲学もセンスもなかったのだろう。娘を甘やかせた実父の勝久氏と当時の相談役であった奥様の責任も大きい。18年6月の中間決算は8月14日に発表される。「2015年大塚家具株主総会」動画。https://www.youtube.com/watch?v=3LPlYp-TfDE
2018年08月08日 15:49 |コメント|

わたしが総理大臣に なれないワケ

0000051890.jpg
自民党の総裁選がほとんど決定したような新聞記事にサプライズは起きないのだろうか。私の疑問がナンセンスな事を十分承知のうえでSNSをチェックしてみると、それが100%であることを確信させられる。先ず石破茂氏だが、日曜日のTVで「防災省」を提唱した説明内容は、この人の経済オンチぶりが総理の器ではない政治家であることを図らずも証明した。「防災」は大事なことだが、防災省という新しい組織をつくる前に国民の意識改革の方が先なのだということが抜けている。元防衛相の森本氏が逆提唱した国交省の下部組織として危機管理庁を設立した方が幅広く意識改革を実施しやすい。いずれにしても新省庁の提唱なんて相当以上の覚悟と根拠がないと、官僚の天下り先になることぐらい分からない石破氏ではないだろうに残念である。さて、もう一人の候補者野田聖子氏だが、この人もスネに傷があるどころではない過去と現在の不祥事に、総裁選はおろか議員生命さえ奪われかねないヤバいタイトロープに陥っている。そんな野田氏が8日に発表する新刊「みらいを、つかめ」は2040年までを見据えた政治政策本であるが、本の帯のキャプションが笑える。「ダイバーシティ(多様性)」「インクルージョン(全員参加)」そして「サスティナブル(持続可能)」これは小池百合子都知事の政策を諸にパクったものだが、政界での姉妹を公然と明らかにしてきた2人ではあるものの、現在の小池氏が豊洲移転問題で仲卸業者から訴訟を起こされ、都民からバッシングされていることをみれば野田氏に1票を入れる同胞議員はいない。総裁選のタイミングでこの手の政策本を発表する政治家は昭和の時代に大勢いたが、現代では逆効果になることを分からないこの人も総理の器ではない。読売新聞によると、3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)が国会議員票(405票)の7割超を獲得する勢いで計290票に達した模様。出馬意欲を示す石破茂元幹事長は25票、野田聖子総務相は2票だった。オールドメディアで書かれた記事はたまにSNSとリンクするときがある。野田総務相、公開請求漏出で大臣報酬161万円返納。https://www.youtube.com/watch?v=9oObxy5QUA0
2018年08月07日 15:33 |コメント|

平和の誓い 小学生のキモチ

0000051888.jpg
出かけるまでの間に見た広島の「平和記念式典」は、NHKだけが自局の朝ドラをスッ飛ばして放送した。原爆が投下されてからきょうで73年が経った平和記念式典は、安倍総理大臣並びに85の国の代表らが参列し、原爆が投下された午前8時15分に参列者全員で黙とうを捧げたが、この後に小学生の男女2人の児童が登壇して「平和の誓い」を読み上げたことに一言。広島市内の小学生に読ませる「平和の誓い」は式典の恒例行事なのだと思うが、最後にそれぞれの名前と小学校名を読み上げて終わったのである。昨年読まれた「平和の誓い」はネット上(ハフィントンポスト:朝日新聞系)で確認できるのだが、今日の「平和の誓い」の文章とほぼ同じ内容で、ご丁寧にも読んだ2人の児童名と学校名が共に記されている。「平和の誓い」の内容文が似ることは、式典73年目となれば致し方ないことかも知れないが、2人の小学生の名前を記すのは如何なものだろうか。小学6年生と言えばまだまだ自己の形成に至っていない、遊び盛りの子どもである。そんな無心な子どもに原爆被爆者の体験を壇上で訴えさせる式典関係者たちにこのナンセンスさは分からないだろう。大人の事情で小学生を使うセレモニーはもうそろそろ止めた方がいい。この10年の間に世界はSNSの進化で急速に近くなった。善悪の基準も人の数だけあるようになった社会で、それがいかに「平和の誓い」であっても、読み上げた歴代の子どもたちがその後の人生で何かしら理不尽な目に合ってないか、生きていく上で不自由を感じてやしないかが同じ子供を持つ親として気になった。「核なき世界へ、広島平和宣言。」https://www.youtube.com/watch?v=yAA2nR1R-5c
2018年08月06日 18:05 |コメント|

シンガー・ソングライター不足?

地上波では絶対放送できない『高校生フォークソングGPグランドチャンピオン大会』AbemaTVYouTube
2018年08月06日 15:01 |コメント|

聖地に聖人が登場! 甲子園開幕第1試合

0000051855.jpg
こんなサプライズがあるのかと驚くクジ引きの結果だ。第100回全国高校野球選手権記念大会は、8月5日の日曜日から阪神甲子園球場で開催されるが、2日に大阪市内で行われた組み合わせ抽選会で、石川県代表の星稜高校が開幕第1戦のクジを引いたことで会場が沸いた。100回目の記念大会では、かつての甲子園レジェンドたちに始球式を務めてもらうことが発表されていたが、開会式後に行われる第1戦の始球式を務めるレジェンドが星稜高出身の松井秀喜氏(44)だっただけに、望外のサプライズを目の当たりにした関係者は「甲子園のマジック」と囁いたに違いない。これで俄然5日の日曜日が注目されるが、星稜高の選手たちは緊張感いっぱいでレジェンドからボールを受け取り(先攻後攻は当日に決定する)対戦校の大分県代表藤蔭高校もビビるのだろう。高校球児にとっては聖地に聖人を見られる二度とない機会に恵まれる。「松井秀喜氏、ヤンキースタジアムで始球式。」https://www.youtube.com/watch?v=XWNeD2Hqfkg
2018年08月03日 13:28 |コメント|

ボクシング連盟会長の経歴判明

0000051853.jpg
審判恫喝事件で逃亡中の日本ボクシング連盟会長である山根明氏の過去の経歴がやっと判明した。韓国メディアによると、元在日韓国人で釜山市出身の山根会長の韓国名は「文甲明」、日本に帰化して日本ボクシング連盟会長になった後は韓国人ボクサーを優遇、ボクシング強化のために来日する韓国人ボクサーたちに宿泊の場や食事などを与え、手厚いフォローをしていたとされる。恫喝、スキャンダル、横領、あらゆるネガティヴな行為を私利私欲のために行ってきたわけで、これから彼に下される制裁は凄まじいものになるだろう。このままでは、出身地である韓国の名も汚すことになるのではないだろうか。(バズプラスニュースより)今の世の中を知らない人間の末路は同じである。
2018年08月03日 11:16 |コメント|

五輪ストラテジーが昭和序列を潰す

0000051845.jpg
やっと8月に入ったのがウソみたいに心身は疲弊している。普通に生活している人間が、これほどまでにシンドイ日々を送っていることを考えれば、西日本の被災地域が気の毒で仕方ない。さて、今アマチュアスポーツ界における裏のヒエラルキーをTVメディアが親の仇のように暴いているが、2020年に開催される東京五輪のための<ストラテジー>が働いていると考えてもいいのではないか。一体どのような組織がこれを主導しているのかに興味が沸くのだが、去年から続いている日本社会の不正や疑惑が明らかになるたびに、政治経済そしてスポーツ文化の意識づけは確実に変わってきているように思える。このままのヒエラルキー社会では芽を出せないと諦めかけていた世代には希望が射したようで喜ばしいのだが、反対に上層階級に君臨していた人間たちは、利権を手放すかリタイヤする究極の選択を迫られる現実に立ち向かえるのだろうか。昭和時代の平和ボケを笑いながら生きている隙に「洗脳と収奪のヒエラルキー」を完成させていった日本社会の構図は、津々浦々末端の人間にまで浸透させることに成功、国民の平穏な暮らしの繰り返しが「常識という名の洗脳」と「法律という名の収奪」に冒され、慣らされていたことに気づいた頃にはバブルから失われた20年に移行していた。世紀をまたいだ平成ラストイヤーの夏は、この後も容赦なく昭和の贋物を焙り出していくが、次のターゲットになる組織とその頂点にいる者は眠れない日々に苛まれている。<ストラテジーとは、ある目的を達成するために総合的に進められる計画や運用方法。>
2018年08月02日 16:19 |コメント|

小池都知事 誰にも信用されない「安全宣言」

0000051815.png
31日、豊洲市場を「安全、安心な市場として開場する条件を整えることができた」とする<安全宣言>をメディアに発表した小池東京都知事だが、これといった根拠もなさそうな声明は、関係者や都民に対して安全どころか、逆に不安を増長させたのではないか。早速SNSのツイッター上では、様々につぶやかれている。築地魚河岸仲卸三代目主人の生田よしかつ氏周辺のリツイートは、怒りより徒労感さえ滲ませているが、経緯をかいつまんで説明するとこうだ。『都知事選を291万以上という今までに経験のない票数で当選した小池氏は舞い上がったまま都政に足を踏み入れるが、豊洲移転に反対する勢力に迂闊にも乗せらてしまい、延期を指示したものの、よくよく精査すると辻褄の合わないことが発覚して、疑惑の矛先を変えるべく石原元知事に罪をなすりつけようと百条委員会を開いた企みもマスコミによって沈静化されてしまう。今年になってからも豊洲市場内で運営する観光施設「千客万来」の着工が未だに始められない問題が明らかになり、事業会社である万葉倶楽部の会長から謝罪の要求をされ、同時に仲卸業者からは訴訟を起こされて知事の目論見は万事休す。』このように時系列で辿ってみると、豊洲一つとってもこれだけの問題を抱える小池都知事に明るい未来はないのだが、一番釈然としないのは、土壌汚染を問題視していた調査内容が2年前と何ら変らないのに「開場の条件が揃った」などとシレっと発表したこの知事に無駄な時間と税金を使われたことである。生田氏のツイッターが私の愚文より愉快なので転載する。『コイツホントにバカじゃね?片腹痛ぇ。ここまで厚顔無恥を恥ずかしげもなく人前に晒け出せるってのも立派な才能だな。』小池都知事 豊洲市場に「安全宣言」。https://www.youtube.com/watch?v=nv02YeV8Zc8
2018年08月01日 17:54 |コメント|

モバイルサイト

津幡サービスステーションモバイルサイトQRコード

津幡サービスステーションモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000032942.gif
  • 0000054573.jpg
  • 0000052418.png
  • 0000048734.jpg
  • 0000053352.jpg
  • 0000054602.jpg
  • 0000054604.png
  • 0000053847.jpg
  • 0000053537.png
  • 0000045209.gif
  • 0000032608.gif
  • 0000032744.jpg
  • 0000032672.png
  • 0000032735.gif
  • 0000032695.jpg
  • 0000028805.jpg
  • 0000017148.jpg
  • 0000032682.jpg
  • 0000037591.gif
  • 0000040072.png
  • 0000043624.jpg
  • プロロゴ
  • 0000028388.jpg
  • タイヤ保管
  • キーパーコーティング
  • 0000036838.gif
  • 0000044959.gif
  • 0000053652.jpg
  • 0000044115.gif
  • 0000048644.png
  • 0000053650.jpg
  • 0000045202.jpg
  • 0000054469.png
  • 0000045505.jpg
  • アニバーサリー会員登録
  • 0000036837.gif
  • 0000044707.jpg
  • きらり表紙
灯油便きらりのCM15秒です。 イケメンが走ってます