株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

  • 0000046693.jpg
  • イヤホンコラム

TOPページ ≫ GSのココ掘れコラム7:3

GSのココ掘れコラム7:3

モンゴル相撲 白鵬10日目からが鬼門

0000046779.jpg
14日、東京両国国技館で初日を迎えた大相撲初場所は、最高視聴率20.7%と最近では滅多に出ない数字が叩き出されましたが、全国の注目を一手に浴びた結びの一番は勝敗よりその内容にありました。横綱白鵬は、初日の対戦相手である小結阿武咲(おうのしょう)を突き落として白星を得たものの、十八番のプロレス技を封印された立ち会いは余りにも圧力感のないフワッとしたものでした。明らかに優位な態勢から一気に押し込む阿武咲に軍配が上がるかに思われた瞬間、白鵬が右に体を入れ替えて阿武咲は土俵外へ突き落されたのです。傍目には横綱の白星に見えても相撲に詳しい人なら負けに等しい相撲でした。さて、かち上げと張り手が使えない横綱白鵬が只の張子の虎になるか、真の大横綱になるかは10日目からの相撲に掛かるでしょう。何故なら大相撲は15日間のスタミナ戦、32歳の横綱が武器のないままで勝てるのは10日目までと読みました。平成30年初場所協会挨拶https://www.youtube.com/watch?v=8rOcN-MZPhg
2018年01月15日 17:41 |コメント|

池坊議長、『スー女』の意見も聞きませんか

0000046725.jpg
11月に勃発した大相撲の横綱暴行事件は、社会問題化してから2か月以上経過しても、根本的な問題が何一つ解決されていない日本相撲協会の統治能力の無さは、とうとう天皇皇后両陛下がご覧になる天覧相撲までもを取り止めにしてしまいました。この14日から始まる初場所の話題は、件の加害者側と被害者側の対戦が初日に組まれるかにあったようですが、中継するNHKにとって天覧相撲の中止は内心ガッカリでしょう。外野からするとモンゴル対日本のリーグ戦を観戦できる、今までにない相撲の見方が堪能できて申し訳ないけど楽しみは倍増するのであります。きっと視聴率は過去最高を記録したりしてねェ。ところで75歳の年齢に似合わない睫毛の上げ方が不自然な日本相撲協会評議員会の池坊保子議長、ついにメディアの取材を一切受けないと宣言しました。日本中の相撲ファンから「当然じゃないの?」と聞こえてきそうなほどに「何様」的な態度は終始一貫変わりませんでした。池坊氏のものの言い方が「議長」という立場から大きくかけ離れているように思えてならなかったのは非常に残念です。私が今一番危惧することは、この騒動の初めから今日までに10代20代の女性の意見をTVメディアのほとんどが紹介していないことです。2000年代に入り「スー女」がブームになり始め、2015年には女子向けの相撲雑誌が発売直後に売り切れるなど、若い女性の相撲人気は正真正銘の本物になりました。「宇瑠虎(うるとら)」「爆羅騎(ばらき)」「桃智桜(ももちざくら)」これは最近の力士の四股名ですが、大相撲の概念を破るキラキラ感満載の四股名が一層の女性ファンを増やしていることに池坊氏の目が向かないはずがありません。モデルでキャスターの経験もある市川紗椰さんの相撲好きは、多くのファンの知るところですが、彼女は、先場所平幕に復帰した 安美錦、豪栄道、そして横綱稀勢の里のファンを公言、取り口の中に力士のけがの状態までを把握して解説する姿は、NHK顔負けの堂々たる「スー女」。このような熱烈な女性ファンの意見を表に出さないで、75歳のお婆さんの不公正な発言ばかりを聞かされてはSNSが炎上するのも無理はないことで、組織である評議会と相撲協会、そしてメディアの強欲さだけが剥き出されたままで、ちっとも美しくないのでした。「スー女」力士声援バトルhttps://www.youtube.com/watch?v=cA1ECiCWbWE
2018年01月12日 18:15 |コメント|

ようこそ、輝く人生へ

0000046709.jpg
「東出昌大って結構ダブルがハマるなぁ」・・・思わずニヤリとしてしまうのが11月からONAIRされている「三井住友ゴールドカード」のCMです。俳優の東出昌大を起用した「ようこそ、輝く人生へ」篇はまさにナイスな30秒になっています。チョークストライプのダブルブレストスーツを身に纏った彼は、空港に着くと乗ってきたタクシーの支払いをゴールドカードで済ませ、CA(1998年よりスチュワーデスからキャビン・アテンダントに変更)達と軽やかなステップでゴールドカーペットの空港ロビーを歩いていく演出は、1950年代の米国(ドラマ『MAD MEN』がモチーフか)を彷彿とさせるヤング・エグゼクティヴの眩しさを上手に伝えています。彼のツンデレな表情が独特のスキップステップ?と相まって上質のCMに仕上がったのは、クライアントと広告代理店の意思を100%把握した制作会社の勝利といえるでしょう。誰が見ても同じ印象に辿り着いてしまう、最近のCMの中では最も秀逸な作品ではないでしょうか。1990年前後のバブル時代、この手の粋なCM がTVから溢れんばかりに飛び交っていました。思わず笑みがこぼれる「三井住友VISAカードゴールドウェイ 30秒」https://www.youtube.com/watch?v=f6CLpTQ5Rt0
2018年01月11日 13:42 |コメント|

小池都知事、BRT開通ないと五輪シナジー消失

0000046707.jpg
石油業界、いえGS業界が固唾を飲んで様子見していた一つに、全国の自治体がいつの時点で「EV車両へ移行」するのかにあったのですが、東京都の小池百合子知事(65)は9日、更新期を迎えた都庁公用車の合計37台をガソリン車から電気自動車(EV車)に切り替えることを表明しました。「都が率先してEV車を導入することで、次世代自動車が東京のスタンダードとなるようにしていきたい」と小池氏は明らかにしたものの、現実的にガソリン車からEV車への移行はマスメディアで言われるほど簡単な事ではありません。利用者が自動車に一番リクエストすることは安心安全ですが、次に来るのが車両価格と趣味嗜好性で、最後が利便性(維持管理)でしょうか。政府はEV車の優遇税制を懸案事項にしていますが、自動車産業に対しては製造から販売に至るまでの更なるコストダウンを要求しています。私たちの業界が加速度的に「斜陽産業化」されるとした中に「官公庁の公用車切り替え」というのが1つのポイントでしたが、新春早々の発表に経営者は「青菜に塩」状態です。2020年、東京五輪の開会式で使用される自動車の全てをEV車にするには、2018年がスタートの年だと理解はしていても、忸怩たる気持ちは隠せません。昨年からの都政混乱をチャラにしたい小池都知事の名誉挽回は、小さなインフラ事業からリ・スタートがかかった訳だけど、10月に決定した豊洲開場の中身はまだまだ順風ではありません。五輪用の環状道路がギリギリで間に合っても、トンネルが臨海部を結ぶ「バス高速輸送システム」(BRT)の本格運行はメドが立っていないようです。東京都は五輪が終了した後に臨海部の五輪選手村をマンションにして、1万人規模のニュータウンにする計画なのだそうですが、その目論みは一人の勘違いオバサン都知事のお蔭で心もとない状況になっています。「BRT Chicago」https://www.youtube.com/watch?v=_csc2ZDuQLo
2018年01月10日 15:40 |コメント|

Time's up ハリウッドの終焉

0000046704.png
「第75回ゴールデン・グローブ賞」の授賞式は、ハリウッド映画のお通夜かお葬式の佇まいです。去年に勃発した製作者側のセクハラ問題への抗議を示すため、俳優のほぼ全員が黒色の衣装で出席しましたが、この展開は結構意外ではないのかも知れません。セクハラはいわば同意なしに俳優に対して圧力をかける原始的恥辱行為の何物でもありませんが、俳優の一部がこの原始的な種族とは作品を作りたくないと会場で訴えているように見えるのです。21世紀に入り急速に映像媒体が増えましたが、ここ最近特に視聴会員数を増やしているのが「ネットフリックス」という動画配信サービスです。今や1億人を超す勢いの「ネットフリックス」はAIを駆使しながら新しいメディアの地位に立とうとしています。「どの作品をどの媒体で見たか等、100を超える項目を基に個々の嗜好と法則を分類しながら電子メールで宣伝、視聴につなげる」(クリス・ジャフ副社長)。これはアマゾンの映像版(レコメンド機能)を地でいく戦略です。彼らは2013年、視聴会員のデータを基に主演俳優や監督を起用、今までのハリウッドとは全く逆の方法で作品を製作したのです。スリラー好きはどんな俳優を好むか、どの監督が作れば利用者は最後まで視聴するかというデータを活用して製作された「ハウス・オブ・ザ・カード」はエミー賞を獲得します。今までプロデューサーの経験や、その人脈で作品を作ってきたハリウッドのビジネスモデルとは対極をなす「ネットフリックス」ですが、日本においては2016年にNHKと「ドラマ 東京裁判」でパートナーシップを結び、吉本興業とは芥川賞作品「火花」でコラボレーションしています。ツィッターのフォロワー数が450万人を超えているコンテンツサービスの動向は、ハリウッドのみならず世界の映像ビジネスモデルを180度変えつつあるといっていいでしょう。アンジェリーナ・ジョリーやニコール・キッドマンが1億人の会員からレコメンドされればセクハラは過去の遺物となります。Netflix/永井豪×湯浅政明『DEVILMAN crybaby』トラウマ的衝撃篇 30秒。https://www.youtube.com/watch?v=KPsvu7R5dM4 「ゴールデン・グローブ 2018」全員黒装束で授賞式に出席。https://www.youtube.com/watch?v=TpYQHJELwvI
2018年01月09日 17:01 |コメント|

元旦にBS朝日で大ひんしゅく

0000046615.jpg
2018年1月1日(月)夜6:00~10:54の「未知なる時代への選択」5時間討論番組をチラ見していた私は偶然にもその部分に出くわします。司会進行の小松靖テレ朝アナウンサーが、ジャーナリスト青木理氏に一触即発なる質問を投げかけたのです。以下、その内容を簡潔に書き起こしますが、その前にここで彼らの話の中に入ってくる作家室井佑月のとんでもない放送禁止用語をよく聞いていただきたい。この人はよっぽど安倍首相が嫌いなようで、大して知識もない室井佑月をコメンテーターにするには何か大きな意図がテレ朝内で動いているのでしょう。元旦番組にしてはとても正常な人選とは思えませんが、果して青木理に突きつけた刃は、小松アナウンサーの命運に変化をもたらすでしょうか。因みに三浦瑠璃氏や田原総一朗氏も出演していたこの番組を元旦から見られた喜びは個人的に意義をもつのでした。同じ討論番組である「朝まで生テレビ」より面白い「未知なる時代への選択」は厚顔無恥の連続パンチを繰り出す大乱闘。
小松アナ「安倍政権を戦後最悪だと言うなら対案を出すべき」(真っ向から追い込む発言)
青木理「ジャーナリストは対案を出す立場にない」(ジャーナリスト定義:弱者の代弁者)
室井佑月「(小松アナに対し)頭おかしい」(この人はメディアから排除されるでしょう)
長谷川幸洋「政権を批判するのがジャーナリストだと定義するならいつまでもアンチ政権という事になる。私のジャーナリストの定義は全く違う」(番組「ニュース女子」の司会好調)
以上抜粋でご紹介しましたが、収録番組にしては件の部分を編集なしでONAIRしたことに、テレ朝のデリカシーの乏しさ(故意か)と小松アナの勇気が浮き彫りになったのでした。番組の空気が凍った小松VS青木に室井の暴言。https://www.youtube.com/watch?v=-hLpBBRMEM4&feature=share番組ホームページ:http://www.bsasahi.co.jp/touronsp2018/
2018年01月05日 16:06 |コメント|

箱根駅伝とNHKの伏魔殿

0000046556.jpg
2日が34.2%で、3日が35.7%。この数字は日本テレビ系で放送された第94回東京箱根間往復大学駅伝の瞬間最高視聴率です。平均視聴率(関東地区)でも2日が29.4%、復路の3日は29.7%だったことが4日のビデオリサーチ調査で判明しました。中継が始まった1987年の第63回以降で、歴代1位(往路)と3位(復路)だったことは日本人の駅伝好きを如実に証明したのです。年明け早々、雪が深々と降って「初日の出」も見られないココ日本海側にあって、毎年TVで見る箱根駅伝は年末の紅白歌合戦より大切な我が家の定番です。─ あけましておめでとうございます。2018年が明けましたが、本年も世界中のアンチテーゼ(Antithese:ある主張を論点を変えて見つめ直す)をこのブログで書きなぐるつもりでいる私をどうか宜しくお願い致します。さて、冒頭の箱根駅伝についての素朴なる疑問がツィッター上で書き込まれていました。「箱根駅伝の出場校は関東の大学ばかりなのにランナーの出身高校は何故か西日本が多い」なるほど、中々皮肉な着眼点です。確かに6割以上の確率で西日本の高校出身者が名を連ねていましたが、箱根駅伝は今や全国区のメジャーな大会に登りつめた証拠といえるのではないでしょうか。それは視聴率からも理解できるのですが、駅伝の素晴らしさは、なにより大学の「襷」を命を賭けるが如く繋いで走る、学生たちのひたむきさにあります。「襷つなぎ」はシード権争い(10位までが予選を免除される)という副産物まで生み出し、今大会でも国学院大学のランナーが、たった5秒遅かったために一斉スタートを切られるという切ないドラマを見せられました。青学大の4連覇で幕を閉じた今大会は、私の母校もなんとかシード権を守る順位でゴールしてくれましたが、同じ年末年始を彩る大晦日のNHK「紅白歌合戦」平均視聴率は39.4%台で歴代ワースト3位、瞬間最高視聴率も安室奈美恵出演時の48.4%で、50%にも届きませんでした。一方で出場基準のはっきりしない「紅白歌合戦」と、誰が見ても基準が分かる「箱根駅伝」、このままでいけば年々両番組の視聴率は差がなくなるはずです。NHKは自らの手で根深い伏魔殿を改革できるでしょうか。第94回箱根駅伝「みんながんばれ篇 」https://www.youtube.com/watch?v=yhjWCEqoNok
2018年01月04日 15:40 |コメント|

伝統文化が変わるゾ 心してかかれ!

0000046413.png
「今年を振り返りましょう」と全国のTV局は、年末の特別番組で視聴者に媚を売り続けていますが、この欄も本日が今年最後になります。2017年はどんな年だったのか私的に考えるのですが「これしかない」っていうのはありません。どれか一つと言えば、やはり小池東京都知事が国民を巻き込んだ「騒乱」とそれに続く女性たちのサイコパス的な所業でしょうか。1月から時系列に並べてみると、先ず1月は米国トランプ大統領の誕生、2月 金正男氏の暗殺、3月 森友学園問題、4月 スケートの浅田真央引退、5月加計学園問題、6月 将棋の藤井四段29連勝の新記録、7月 東京都議選「都民ファースト」の大勝、8月 北朝鮮ミサイル日本横断、9月 桐生祥秀男子100Mで日本初の 9.98秒、10月 衆議院選挙で自民党大勝、11月 座間市のアパートから9人の遺体発見、12月 大相撲日馬富士暴行事件で協会が貴乃花親方を処分。冒頭の小池東京都知事は2016年の夏から約1年間、世間の耳目を一手に集めていましたが、言葉のチョイスの間違いが原因で頂から崖っぷちに追い込まれました。さらに豊洲開場が10月に決まったのはいいものの、小池都知事がこだわった安心安全の話はどうなったのでしょう。ベンゼンは今も基準値を超えたままなのに都は何の手も打てていません。このままでは小池氏が排除される番になります。また11月に勃発した大相撲の暴行事件は、協会と親方の関係がこじれて江戸時代から続く相撲の伝統文化が根底からひっくり返されるような展開に発展しています。さて、2018年は日本の新しい姿がはっきり見える年ですが、それは昭和のヒエラルキー文化(縦社会)が瓦解していく終焉の元年と認識した方が先回りできます。新しい文明開化がフルスロットルでスタートする予感がします。https://www.youtube.com/watch?v=POTrL4V4ox4
2017年12月29日 15:59 |コメント|

韓国の命運を握る慰安婦+α

0000046391.jpg
韓国がまた従軍慰安婦問題で騒いでいます。2015年12月に締結した「日韓合意」を韓国外務省が再度検証、実質見直しとする報告書の発表報道に正直うんざりです。かつて日本も経済一流、政治は二流などと揶揄された時期がありましたが、この国のモラルが一体どこに基準を持って外交しているのか理解できません。政府同士の合意は国家間の約束なのに遵守はおろか、元に戻す行為にこの国の成熟度の乏しさを露呈するだけで賢さの欠片もない韓国政府を他国は相手にしないでしょう。「被害者(元慰安婦)の意見を十分集約せず、政府間で最終的・不可逆的解決を宣言しても問題は再燃するしかない」報告書はこのように日本側に再考を求めていますが、自国の圧力団体一つを沈静化できない韓国政府の自覚のなさは、最早「サジ投げ」に近い状況です。そろそろ過去に生きることをやめて、未来指向で国民を導かないと真の民主国家にはなれないでしょう。原理原則に従って国家を築けない原因の一つに民族性が関わっていることは自明です。1997年、IMF(国際通貨基金)からの資金援助(日本はIMFに対する出資率が米国に次ぐ上位国)が韓国の命運を変えたように感じますが、文在寅大統領はもう一度世界を俯瞰するべきです。しかし隣国ってどうしてこんなにも遠いのでしょうか。今の韓国は政治経済や伝統文化全てに怯えているようで魅力を感じません。平昌五輪の開会式で日本選手団にかける変なプレッシャーはご遠慮願いたいものです。(97年、韓国は通貨危機で破綻寸前でした)https://www.youtube.com/watch?v=avhV22Ym-EU
2017年12月28日 12:33 |コメント|

紅白に素人が出演 時代は変わる!

0000046371.jpg
「大晦日に放送される第68回NHK紅白歌合戦に、大阪府立登美丘高校ダンス部が出場する。」この発表に「今までの紅白ってこんなに何でもアリだったかな」半世紀にわたって見てきた(最近は専ら「ガキ使」ですが)大晦日の国民的行事である「紅白」に素人が出場することを理解するのは正直難しいのです。私が小学生の時代「紅白歌合戦」は大晦日の、いえ日本の絶対的な番組でした。1年の納めの日であるこの日は、嬉しくも悲しくもある特別な日だったことを思い出します。当時暮らしていた家は美容院との併設型住居で、当日はお正月の髪結いや着付けのお客で朝から蜂の巣を突いたような1年で一番酷い日。親の仕事に文句を付けられない私が部屋にこもって実行する小さな抵抗も、店内の騒々しさをさらに際立たせるだけで全く効果がありませんでした。夜になって炬燵に入りながら見る「紅白歌合戦」は眩いばかりの世界が私の目を奪うのですが、心の中を吹いていくスキマ風までは埋めてくれません。大晦日恒例の「すき焼き」(この時代の定番メニュー)具材が置かれたままのテーブルに「キュルキュルグ~ッ」お腹が空くばかりで紅白どころではなくなっていく私。「もう少ししたら終るからね」時々店から顔を出す母親の言葉は1ミリの慰めにもなりません。そのうちに父親が帰ってくると茶の間が一気に緊張に包まれるのでした。─ あれから50年が経って冒頭のニュースに思うのは「昭和の象徴の崩壊」でしょうか。私の胸の中に仕舞われていた切ない思い出と小さな憧れは、溜息とともに空の彼方に消えていきます。2017年11月 登美丘高校ダンス部&荻野目洋子「バブリーダンス」https://www.youtube.com/watch?v=fyB3gHcSeM8
2017年12月27日 14:25 |コメント|

モバイルサイト

津幡サービスステーションモバイルサイトQRコード

津幡サービスステーションモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000032942.gif
  • 0000046847.png
  • 0000046708.jpg
  • 0000046327.jpg
  • 0000046325.jpg
  • 0000046326.jpg
  • 0000032608.gif
  • 0000032744.jpg
  • 0000032672.png
  • 0000032735.gif
  • 0000032695.jpg
  • 0000028805.jpg
  • 0000017148.jpg
  • 0000032697.jpg
  • 0000032682.jpg
  • 0000037591.gif
  • 0000040072.png
  • 0000043624.jpg
  • プロロゴ
  • 0000028388.jpg
  • タイヤ保管
  • キーパーコーティング
  • 0000041045.png
  • 0000036838.gif
  • 0000045101.jpg
  • 0000038155.gif
  • 0000045202.jpg
  • 0000044706.png
  • 0000045505.jpg
  • 0000032828.gif
  • 0000044115.gif
  • 0000032074.jpg
  • アニバーサリー会員登録
  • 0000036837.gif
  • 0000043339.jpg
  • 0000044707.jpg
  • きらり表紙
灯油便きらりのCM15秒です。 イケメンが走ってます