株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

  • 0000046693.jpg
  • イヤホンコラム

TOPページ ≫ GSのココ掘れコラム7:3

GSのココ掘れコラム7:3

私が好きなユーミンのうた

0000055218.jpg
ユーミンこと松任谷由実さんが、12月31日に放送される『第69回NHK紅白歌合戦』で自作曲をメドレーで歌うことが決定した。しかもその楽曲はインターネットから応募して決められるというのだからファンにとっては垂涎のチャンスだ。楽曲選定は彼女の400曲以上のレパートリーから選曲することになるが、ネットからリクエストする側は過去のフラッシュバック(思い出)が溢れすぎて簡単には決められないだろう。私たちの世代に彗星の如く現れたシンガーソングライター荒井由実(当時)は、1973年にデビューアルバム『ひこうき雲』をリリースしたが、火をつけたのは深夜放送のラジオパーソナリティだった。ある日高校の先輩から「これ聴いてみなよ。」と渡されたそのアルバムは高校1年生になったばかりの少年に衝撃を与える。その全曲にほとばしる上品なメロディとアンニュイな歌詞はダイヤモンドのような輝きを放ちながら私の心のヒダを通り抜けた。自身も曲作りの真似事をし出した時期だったが、余りにも別次元に言葉がなかったことを憶えている。それからほどなくロックにめぐり合った私はバンドの結成も手伝ってか、ユーミンを聴く機会から遠ざかっていたが『ひこうき雲』以来の衝撃に再び遭遇したのは大学時代に聴いた “街角のペシミスト”。デビュー時のメロディの上品さと歌詞のアンニュイさはさらに洗練されていたが、この楽曲は彼女のスケールを最大限に広げることになるエポック的なアルバム、1981年リリース『昨晩お会いしましょう』の2曲目に収録されている。これ以降、1982年の『パールピアス』から1983年の『REINCARNATION』『VOYAGER』そして1984年の『NO SIDE』までが彼女の最盛期の名盤だと勝手に解釈しているが、その前のアルバム『時のないホテル』『SURF & SNOW』がユーミンのイグニションになったことは想像に難しくない。さて、かくいう私もネットの投稿フォームに入ったものの楽曲が多すぎて・・・うーんやっぱり選べないやね。NHK応募ページ:https://www.nhk.or.jp/kouhaku/yuming/
“街角のペシミスト”松任谷由美 https://www.youtube.com/watch?v=njArsBrEkyg でも紅白は見ない。
 

コメント

モバイルサイト

津幡サービスステーションモバイルサイトQRコード

津幡サービスステーションモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000032942.gif
  • 0000054572.jpg
  • 0000052418.png
  • 0000048734.jpg
  • 0000053352.jpg
  • 0000054602.jpg
  • 0000054604.png
  • 0000053847.jpg
  • 0000053537.png
  • 0000045209.gif
  • 0000032608.gif
  • 0000032744.jpg
  • 0000032672.png
  • 0000032735.gif
  • 0000032695.jpg
  • 0000028805.jpg
  • 0000017148.jpg
  • 0000032682.jpg
  • 0000037591.gif
  • 0000040072.png
  • 0000043624.jpg
  • プロロゴ
  • 0000028388.jpg
  • タイヤ保管
  • キーパーコーティング
  • 0000036838.gif
  • 0000044959.gif
  • 0000053652.jpg
  • 0000044115.gif
  • 0000048644.png
  • 0000055110.jpg
  • 0000045202.jpg
  • 0000054469.png
  • 0000045505.jpg
  • アニバーサリー会員登録
  • 0000036837.gif
  • 0000044707.jpg
  • きらり表紙
灯油便きらりのCM15秒です。 イケメンが走ってます